日記・雑記

壁を登るスポーツ「ボルダリング」が楽しい

運動が大好きで普段からよくワークアウトをしています。最近、リフレッシュも兼ねて「ボルダリング」をしたのですが非常に楽しいです。

ボルダリングを気に入った理由を考えてみた。

目標ができる

やっていると自分の出来ないレベルの課題が必ず出てきます。現状の自分の能力がハッキリと分かります。この世界観がすごい面白いです。

自分との戦い

出来ないことは全て自分の能力が足りないだけ。成功も失敗も自分次第です。

一応、スタッフさんや他の利用者さんからアドバイスを貰えますが、登っている最中は基本的に自分で何とかしないといけない。

ただ、練習した分だけ上手くなるので、これがまた面白い。

今に集中できる

登っている時はボルダリングのこと以外は考えたくても考えられません。目標までどう登るか。それしか考えられません。

壁を登っている時の自分の心情を思い返してみると、今自分がやっていることにのみ集中している。

なんかこれってマインドフルネスに近いなあって思う。

おわり

ボルダリングをしていて不思議に思うのが、課題をクリア出来なくても達成感があるということです。先ほどマインドフルネスに近いというお話をしましたが、その影響か何かが関係しているのだろうか。

ボルダリングに限らずワークアウトをしていて思うのが、ワークアウトは仕事では味わえない達成感があるのでやめられない。止まらない。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。