日記・雑記

東京都日本橋人形町にある「手ぬぐいのちどり屋」がすごく良い

時代の新旧が折り重なった日本橋の雰囲気がすごく好きで、先日もふらっと立ち寄ったところ「手ぬぐいのちどり屋」という素敵な手ぬぐい屋さんを見つけました。

手ぬぐいのちどり屋について

2005年4月、江戸の老舗と職人さんにこだわるネットショップ
「江戸のれん」楽天市場店を開店。手ぬぐいを販売することをスタートしました。

(中略)

はじめは十数種からスタートし、50種、150種、300種…とどんどんどんどん
種類は増えていき、事務所スペースを圧迫していきました。
そこで芽生えてきたのは

「…お店を出したらもっともっと種類置けるのでは?」
「お店をだしたらきっと楽しいのでは?」

そんな気持ちが芽生えだしたら止まらず、そして、2007年2月5日。
東京日本橋人形町に注染手ぬぐい専門店「手ぬぐいのちどり屋」を開店するに至りました。

(中略)

また”ちどり屋”の由来は、千鳥=千をとる、というように大願成就を表す縁起のいい柄でもあり、
私が一番好きな文様だったということから名づけました。

via: 手ぬぐいのちどり屋について | 手ぬぐいのちどり屋

店舗内外はこんな感じ

お店の外観は下町情緒溢れる素敵な佇まい。堪りません。

お店に置いてある手ぬぐいの数はなんと1800種類。確かに見渡す限り全て手ぬぐい!

またここの手ぬぐいは「注染(ちゅうせん)」と呼ばれる昔ながらの伝統技法を使って染められています。

昔ながらの伝統技法と製品の良さを今に伝えているお店好きですね。

手ぬぐいに施されたデザインは日本の伝統的なものの他に、今流行りの時事ネタや日常生活の事柄を面白可笑しくもじったデザインのものもあり、見ているだけで楽しく心癒されます。

置いてある手ぬぐいの素材は綿100%天然素材で肌に優しく、赤ちゃんやアトピーなど皮膚疾患を持った人にもお勧めのようです。

手ぬぐいを額縁に入れて飾る文化があることを初めて知りました。こういう楽しみ方もあるんですね。

素材の質もよくデザインも豊富で安価なのでちょっとしたプレゼントにもお勧めです。ぜひ一度足を運んでみてください。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。