英語・語学

英会話を勉強することは話す相手への思いやりでもある

アメリカ人の彼女と英会話をしていて思ったことがあります。

それは、英語の勉強をする人の理由は数あれど、英語の勉強は「話す相手への思いやりでもある」と。

英会話をしていると、単語を並べるだけで言いたいことは大体通じるし、中学校高校で勉強した英語で何とかなる。

ただ、使った英語の良し悪しを彼女に聞くと「うん、まあ通じるかな」と言っている。

この「まあ通じるかな」。

いろんな意味が含まれていそうですね。

英語を母国語として使っている人たちの気持ちになって考えてみると、日本語を直接訳した英語は理解し難い。

負担が掛かる。だって相手に考えさせてしまうから。頭を使わせるから。

しっかりとした言い回しや英単語を勉強しないといけない。

それが相手に対する敬意とおもてなし。

記事内の写真出典元

rawpixel.com – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。