まえちゃんろぐ

日々の生活の中での気付き、学んだこと、体験したことをアウトプットするブログ(雑記多めです)| プログラミング 本 ワークアウト 茶道

狩猟マンガ「山賊ダイアリー」がおもしろい

time 2018/01/07

狩猟マンガ「山賊ダイアリー」がおもしろい

また面白いマンガを見つけました。今度は「山賊ダイアリー」という狩猟マンガです。狩猟マンガって珍しいですよね。読んでみるとかなり面白かったのでご紹介します。

sponsored link

作品の紹介

作品の概要

公式ページから作品の概要を抜粋します。

職業猟師、時々マンガ家。現役兼業猟師・岡本健太郎による狩猟&ジビエ喰い実録日誌。ウサギの唐揚げ、カモのローストチキン、カラスの焼き鳥etc、山グルメ満載! 山で迷ったときの心得などサバイバル術も満載! 都会を離れ、故郷に戻った男は山に遊び、お気に入りの空気銃「エースハンター」と自作の罠を手に、今日も鳥や獣と知略を尽くして勝負する。読むと腹が減り、やがて心があったまる、自然と人間と動物のリアル。

via: 山賊ダイアリー / 岡本健太郎 – イブニング公式サイト – モアイ

主人公は作者「岡本健太郎」さん本人

このマンガの面白いところの一つで、主人公は本マンガの作者である「岡本健太郎」さん本人なんです。

岡本健太郎さんは漫画家でありながら猟銃所持許可・狩猟免許を持っており、本マンガはその経験を描いた実録風マンガです。

狩猟のリアルを見ることができる

例えば、みなさんが一番気になるであろう「狩猟免許の取り方」。きちんとマンガの中でも岡本健太郎さんの経験を元に描かれています。

岡本健太郎さんの経験を元にしているので、猟師になるための試験や銃を買うまでのフローなども描かれています。こういう細かなディテールに触れると、狩猟の世界が少し身近になりますね。

猟師って実際儲かるの?と誰しもが思うことです。マンガでは一例として紹介されていますが、猪一頭で100万円。ごくりっ・・・。

狩猟の豆知識

マンガと侮るなかれ。こういった狩猟に役立つ情報が載っています。情報によってはアウトドアでも活用できそうなものも幾つかあります。

本マンガを通して狩猟の雰囲気が掴める

本マンガは狩猟マンガなので内容のメインはもちろん「狩猟」。各動物をひとつの章として狩りをするシーンが描かれています。これは「カラス」編です。

こちらはカラスを待ち構えるシーンですが、動物を狩るまでの過程を知れるのは非常に興味深いですね。こういう下準備は見てるとワクワクします。

でもカラスって食べれるの?

食えんのかい!笑

狩りの後の解体〜調理までも見ることができます。狩猟の一部始終を見れるのはとても新鮮です。

動物の種類によって下準備や狩りの仕方、捌き方が変わるのは面白いですね。

おわり

日々の生活では目にかかることのできない「狩猟」という世界を、岡本健太郎さんの経験がベースにマンガを通して楽しく知ることができる「山賊ダイアリー」。

狩猟に興味がある、またはこれから狩猟免許を取りたいと思っている方は一度手にとってみてください。

ちなみに現在(2018年1月7日現在)、Kindle版の1巻は無料で配信されています。是非ダウンロードしてみてください。

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます

自分のスキルを販売しております。お困りの方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

down

コメントする




スポンサードリンク

書いてる人

maechan

maechan

ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。開発業務、人事業務に従事していました。現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。リモートワークをしているノマドサラリーマンです。詳しいプロフィールはこちら。 [詳細]

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

その他のチケットはこちら

Instagram