仕事

会社との距離感は重要

リモートワークをしているのは過去に書きましたが、それを通じて会社との距離感は非常に重要だということを思い知らされました。

リモートワークは会社への所属意識が無くなる

リモートワークですので自宅や喫茶店、コワーキングスペースなどで作業をしています。

基本的に他の社員と対面で会うことはほとんどありません。

やり取りはメッセンジャーかSlackのみ。デジタル空間だけでのコミュニケーション。

これを続けていると仲間意識が段々と薄れていきます。

当たり前ですが、リアルではない。そこに居ない。

私はエンジニアとして、使うユーザーさんのために作っていますが、その他に会社の他のメンバーのために作っている側面もあります。

一緒になってものづくりをしている。そういう連帯感。チームで作り終えた時の達成感は堪りません。学生時代はチームスポーツの経験があるので、その感覚はよく分かります。

“実際に会わない”ということがこれだけ影響するとは思ってもいませんでした。

自分の働く目的の一つに「チームのため」という部分を意識していたんだという気付きにもなりました。

おわり

近頃はリモートワークは持て囃されてますね。未来の働き方のように見られますが、デメリットも当然あります。人によって合う合わないがあります。全ての人がこの働き方が出来るとは思えません。

何のため誰のためではなく、自分のためにと思うようにしていこうと思う今日この頃。

ただ他にも原因はありそう(モヤっとですがエンジニアという職種に関係してそう)。

とりあえず言えることは、リモートワークは寂しがり屋には向かない笑

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

Helloquence – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。