登山マンガ「山と食欲と私」がおもしろい

最近どハマりしているマンガがあります。それが「山と食欲と私」という登山マンガです。

登山マンガって珍しいなと思い、前情報なしで読んだのですが、読んでみるとかなり面白かったのでご紹介します。

作品の紹介

作品の概要

公式ページから作品の概要を抜粋します。

27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称「単独登山女子」。
美味しい食材をリュックにつめて、今日も一人山を登るのでした。
山でご飯を食べる幸せをあなたも体感してください♪ さあ、山へ!

via: 山と食欲と私 – くらげバンチ

主人公は山をこよなく愛する女の子

主人公は東京在住の27際の普通の女の子。週末は「単独登山女子」となり、様々な山を一人で登山している山オタク。

生活の全てが週末の登山のことで頭がいっぱいで、登山のための食事管理やトレーニングもしているハマり様。

仕事中の隙間時間を利用してトレーニングしている姿は見ていて微笑ましい。いいぞ、もっとやれって思ってしまう笑

彼女にとって登山は大きなライフイベントの一つ。というかそれしかないのかもってくらいのめり込んでいます。

登山に関する豆知識

このマンガは女の子がただ登山するだけの作品ではありません。こういった登山に役立つ情報が載っています。

栄養関連の情報は登山だけではなく、日々のワークアウトでも参考になりそう。

登山といえば美味しい山ご飯

山と言えばご飯ですよ。私も以前に登山を経験したことがあり、山頂で食べたご飯の味は今でも忘れられません。

自然の中での食事は美味しさが全然違うんですよね。幸福感のシャワーを浴びているみたいな。

食事は登山の楽しみの一つ。このマンガでもご飯を食べるシーンがたくさん出てきます。

このマンガに描かれてるご飯、美味しそうだ。ご飯目的で山に登りたくなってしまう。

余談ですが、マンガでこういう美味しそうな料理を見るとクッキングパパを思い出してしまう。

そしてコーヒー。山頂で飲むコーヒーは別格って言われてますよね。主人公は豆から挽いてます。通だなあ。

登山用品へのこだわり

本当に登山が好きなんだなと感じるシーン。登山愛がにじみ出ています。頬ずりしてますからね。

主人公のようなオタクやギークな人たち、私は職業柄そういった方々に囲まれています。

こういった方々の好きなものに対する情熱や姿勢を見るのは大好きで、このマンガでもその感覚が味わえているのが興味深いですね。

オタクやギークは良いですよ。可愛いです。

主人公が持つ人としての弱さ

一人で登山をこなしてしまう主人公ですが、彼女には極度の人見知りという弱点があります。

登山をしていると聞くと、一見すると強そうな印象を受けますよね。

それがギャップとなり、主人公に対する興味と愛着が湧きます。

人としての弱さを持っているから応援したくなり、主人公へ感情移入をしてしまう。

確かに可愛いですよね。見ていてホっとすると言うか。着飾ってない人間臭さがあるから良いと感じるのかもしれません。

これを書いている途中で、人見知りって弱さなのかと考えてしまったけど、これを書くと話が長くなるのでまた別の機会に。

哲学的な思考もちらりと

このシーンの後に2巻へ続く訳なんですが、今後のストーリーの加速と、主人公が登山を通して人として成長していく姿を見れるのかと考えさせられる描写。

ワクワクします。2巻以降も楽しみになります。

おわり

山が大好き過ぎて単独登山をする逞しい、でも人としての弱さもある人間臭い主人公と登山の知識や楽しさを一緒に学べるマンガ「山と食欲と私」。

登山に興味がある、またはやってみたいと思っている方は一度手にとってみてください。もちろん登山が趣味の方にもお勧めのマンガです。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。