ブログ

さくらインターネットのレンタルサーバーで運用している当ブログをSSL化しました【導入方法を紹介します】

このブログは「さくらインターネット」のレンタルサーバーで運営しています。最近、そのさくらインターネットから「無料で簡単にSSL化できる機能」がリリースされました。

これは素敵ですね〜。

SSLを導入するメリットはたくさんあるので、この機会にこちらのブログをSSL化してみました。

今回はその機能を使って、さくらのレンタルサーバーで運営しているWebサイトやブログをSSL化させる方法を紹介します。

SSL化するメリット

WebサイトやブログをSSL化するメリットで大きいものはこれ。

  • セキュリティの向上
  • SSLはインターネット間でやり取りする情報を暗号化し、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防止する技術です。サイト閲覧者の個人情報やプライバシーを守ることができます。

  • 検索順位への影響
  • Googleは2014年より「SSL化されたサイトを重要視する方向」に動いており、HTTPSのサイトであることが検索順位の指標の一つになりました。SSL化することで検索順位の向上に繋がります。

ドメインをSSL化する

それではさくらインターネットで提供されている「SSL設定機能」を使って、ドメインをSSL化していきます。

設定は「さくらインターネット」側と「WordPress」側と2つあります。

さくらインターネット側の設定

設定はさくらインターネットの「サーバコントロールパネル」から行います。

ログイン後、左サイドメニュー下部にある「ドメイン/SSL設定」をクリック。

ドメインリストが表示されるので、SSL化したいドメインの「SSL」項目の「証明書」欄にある「登録」リンクをクリック。

SSL証明書の概要が表示されるので、無料SSL証明書の「無料SSLの設定へ進む」をクリック。

SSL証明書の設定の流れが表示されるので、「無料SSLを設定する」ボタンをクリック。

この後、30分~1時間ほどすると、さくらインターネットからSSL設定完了メールが届きます。

WordPressの設定

WordPressへのアクセスをSSLへリダイレクトさせるプラグインを導入します。

プラグインのインストール

WordPress管理ページのプラグイン追加ページで「SAKURA RS WP SSL」を検索し、インストール、有効化。

有効化の際に、WordPressで使用しているPHPのバージョンが”5.6″未満の場合「Fatal error: Arrays are not allowed in class constants」というエラーが出ます。

エラーが出た場合は、さくらインターネットの「サーバコントロールパネル」からPHPのバージョンを変更して、再度プラグインの有効化を行ってください。

プラグインの設定

以下の設定を行います。

  • 共有SSLを利用している、もしくはSSL証明書を購入してレンタルサーバコントロールパネルから設定した → チェック
  • 利用しているSSL証明書の種類を選択してください → SNI/SSLを選択
  • 実際にSSLを利用しているサイトと管理画面へアクセスできる → チェック

以上で設定は完了です。

設定したドメインにアクセスしてSSL化されているか確認してみてください。

SSLを導入したのにアドレスバーに変化がない場合

サイト内で使用しているURLに「http」と「https」が混在している場合に起こることが多いです。

私の場合は、サイドバーのプロフィール画像のURLが「http」のままだったことが原因でした。

おわり

非常に簡単にSSLを導入できました。仕事でSSLを導入した際はインストールから設定をコマンドラインで行い、自動更新もCronで制御したりと、時間の掛かる作業だったので、この簡単さには驚きです。

SSL化のメリットは先にも書きました。Webサイト運営者やブロガーの方は是非試してみてください。

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

Mia Baker – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。