買い物

GoPro HERO6 Black 購入時の必須アイテムとあると重宝するアイテム

先日GoProを購入したのですが、GoPro本体の他に周辺機器やアイテムが色々あり、まず何を揃えたらいいか分からない状況でした。

maechan
maechan
色々調べて色々迷いましたよ・・・

GoPro HERO6 Black」の発売を機にGoProを新規で購入する人は多いと思います。

ということで今回は、GoPro購入時の必須アイテムと、GoProをより楽しむためにあると重宝するアイテムを紹介します。

とりあえずこれだけあれば大丈夫

microSDカード

データを保存するmicroSDカード。これがあれば、とりあえずGoProを使って遊ぶことができます。

私は以下のアイテムを購入しました。

こちらのmicroSDカードは、GoPro公式が公表している動作保証済みのmicroSDカードの一覧(以下のリンク)には載ってないのですが、正常に動作しました

公式推奨のmicroSDカードに比べると安価でスピードクラスも「CLASS 10」なのでコストパフォーマンスが良いです。

maechan
maechan
とりあえず、これ買っておけば大丈夫

GoProをより楽しむために、あると重宝するアイテム

充電器&予備バッテリー

GoProのバッテリーは、1つおよそ最大1時間30分(以下のリンク参照)稼働します。

意外と持ちますね。ただ、家の近所などで撮影する場合はバッテリー1つで十分ですが、旅行や登山など遠出をする場合はバッテリー1つでは少々心許ないです。

良いシーンを残すチャンスを増やすためには、バッテリーのスペアを幾つか持っておくと良いです。

maechan
maechan
長く使えて越したことはないですから

私は以下の充電器を購入しました。

2つ同時にバッテリーの充電が可能なので非常に便利です。

本体のアップデートでサードパーティー製のバッテリーが使用出来たり出来なかったり、色々な情報が出ています。

面倒事が大嫌いな方は、バッテリーは公式を使用することがマスト。

充電器を購入するならこちらのアイテムがベストです。

レンズ保護フィルム・カバー、防水ケース

GoProは動きの激しいシーンでの利用が多くなりがちです。本体を保護するためのアイテムがあると精神的に安心します。

レンズの傷はカメラにとっては死活問題。保護フィルムやカバーで防ぐことをお勧めします。また、防水ケースがあると本体への傷を防ぐと同時に防水性能も向上します。

単品で購入するのも良いのですが、レンズ保護フィルム・カバー、防水ケースの他にGoProを収納できるケースもセットになった以下のアイテムを購入しました。

マウント

GoProと言えば様々なシーンに対応できる豊富なマウントたち。

自動車、バイク、自転車、サーフィンボード、ドローンや犬に装着できるマウントまで存在します。

maechan
maechan
わんこの上にGoPro!やってみたい

GoPro公式のものからサードパーティー製のものまで、その数は数え切れないほど。

私が購入したマウントは自撮り棒ヘッドストラップバックパッククリップの3点。

おわり

GoProは関連アイテムがたくさんあって迷いますよね。

とりあえず始めたい人はmicroSDカードだけ購入して、その後徐々にアイテムを増やしていくことをお勧めします。使っていくと自分に必要なアイテムが見えてきますから。

購入後、小一時間GoProを触って感じことは、本当に「使いやすい」ということ。

本体設定から実際に撮影するまでは、直感で、しかも簡単に出来てしまいます。

また、画面デザインがGOODです。よく使うボタン類をファーストビューに配置した使い易いものになっています。

スワイプ操作で、設定やメモリなどの各ビューに遷移でき、タッチスクリーンに慣れた現代人にマッチした作りも特徴的です。

専用のスマートフォンアプリとの連携も非常に手軽です。最近は新規の映像加工アプリのリリースもあり、今後は連携アプリの進化も見逃せないですね。

こちらからは以上です。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。