まえちゃんろぐ

日々の生活の中での気付き、学んだこと、体験したことをアウトプットするブログ(雑記多めです)| プログラミング 本 ワークアウト 茶道

農業初心者がはじめに読むと良いおすすめの書籍3冊

time 2017/08/17

農業初心者がはじめに読むと良いおすすめの書籍3冊

農家のせがれですが、農業のこと全く分からない親不孝もの。そんな私ですが、農業の基礎をインプットする必要が出てきました。

農業の「の」の字も知らない状況、まずは本で勉強だと思い、大型の本屋で関連本を物色しました。

これから紹介する書籍3冊が農業初心者向けかなと思い購入。

今回はその読んだ感想を書いていきます。

sponsored link

史上最強カラー図解 プロが教える農業のすべてがわかる本―日本農業の基礎知識から世界の農と食まで

日本農業のこれまでの歩みと農業業界に大きく関係した政策や関連機関の説明、また製品の生産や流通についてなど、農業業界全体を俯瞰して学べる書籍です。

また、就農する為に行うアクション、日本の食と世界の関係性などは勉強になりました。

まさに入門書という感じの書籍です。

知識ゼロからの現代農業入門

書籍のタイトル通り「今、実際に行われてる農業」ってこうだよと教えてくれる書籍です。

内容は1つ目に紹介した書籍と似ている部分はありますが、流通や販売など、実際に製品を作ってからの動きが詳しく載っています。

また、日本農業と世界との関わり方の説明も多く盛り込まれています。

他書籍とは違い「酒」に関しても触れているのは興味深い。

各章最後の農業コラムはどれも面白いものばかり。

図解でよくわかる農業のきほん: 栽培の基礎から新技術、流通、就農まで (すぐわかるすごくわかる!)

食物の性質や栽培、管理、また肥料や病害虫防除の基本など「育て方」にフォーカスを当てた書籍です。

実際に農場・圃場に出てから役立つ情報という感じです。

また米、野菜、果樹、畜産と大きく章を分けて説明がされているので読みやすい。

農家さんが実際に行なっている技術を知ることができます。

おわり

今回の農業本はどれも分かりやすくまとめられていました。図やグラフも多く理解しやすい作りで読みやすい。入門書にはぴったりな3冊でした。

農業という業界の輪郭をなぞることができました。

知らないことを知れて、分からなかったことが分かるのは楽しいですね。

ネットで調べると今回紹介した本は初心者向けにおすすめされている方が多いですね。

全く知らない業界の情報が本屋にいけばすぐ手に入る、今は良い時代ですね。

こちらからは以上です。

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます

自分のスキルを販売しております。お困りの方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

down

コメントする




スポンサードリンク

書いてる人

maechan

maechan

ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。開発業務、人事業務に従事していました。現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。リモートワークをしているノマドサラリーマンです。詳しいプロフィールはこちら。 [詳細]

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

その他のチケットはこちら

Instagram