日記・雑記

どのアクションカメラを買うか迷ってたけどGoProに決めた

gopro

先日書いた記事で、GoProとソニー、どのアクションカメラを買うか悩んでいました。

ネットで調べると両者それぞれ良し悪しがあり、なかなか決められず。

そこで実際に使ってみて決めようと、家電やガジェットをレンタルできる「Rentio」を利用し、まずはソニーのアクションカメラ「HDR-AS300R」を使ってみました。

登山をしながら丸一日HDR-AS300Rを使ってみました。

結果としては、GoProを購入しようと決意。

なぜその決断に至ったかは以下の2つの理由から。

液晶ディスプレイは必要

レンタルしたHDR-AS300Rはアクションカメラ本体に液晶ディスプレイが付いていない。

どんな映像が撮れているかリアルタイムで確認するためには、アクションカメラ本体とは別の「ライブビューリモコン」という端末を使用する。

これが使い勝手があまりよろしくない。

ライブビューリモコンの反応があまり良くないのだ。

そして撮影中もどんな映像が撮れているかは常に気になる。

さっと取り出して撮り始めたいのに、実際に撮り始めるまでに取るアクションが多くてフラストレーションが溜まります。

映像取るために端末を2つ使うのは個人的に好みではなかった。

2つも面倒見きれない。

液晶ディスプレイは本体に付いていた方が使い勝手は良い。

操作性

端末の使いやすさはかなり重要。

レンタルしたHDR-AS300Rは、直感的に操作できなかった。動画の設定をするのも多少触らないとできない。

感覚的に使ってて面白くない。

GoProは操作性に定評がある。

さらにiOS、Android用に提供されている専用アプリの評判も上々な模様で、各SNSにも簡単にシェアできる。

シリコンバレーの企業だけあってUIUXにはかなり力を入れているようですね。

おわり

HDR-AS300Rは動画を撮るまでに必要なアクションが多い。

カメラを手に入れたらすぐ撮りたいのだ。

ネットではソニーの方が動画の”綺麗さ”は上のようですが、動画の綺麗さは並べないと正直分からない。

その”綺麗さ”にも個人の好みも関係してくるので、良い悪いは決められない。

何はともあれ、本体デザイン、操作性、映像の好み、そして企業ブランド、全て個人の好みが関係してくるので、どちらかが良いとは言えない。

ただ私が思うのは、

箱開けてすぐ遊べる、すぐシェアできる、そういう方が今のアクションカメラには必要な要素かなと思った。

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

GoPro on a table – Andreas Kambanis

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。