まえちゃんろぐ

日々の生活の中での気付き、学んだこと、体験したことをアウトプットするブログ(雑記多めです)| プログラミング 本 ワークアウト 茶道

サラリーマンとフリーランス(客先常駐)を両方やってみたけど大きな変化は感じなかった

time 2017/10/18

サラリーマンとフリーランス(客先常駐)を両方やってみたけど大きな変化は感じなかった

私はこれまでにサラリーマンとフリーランスを両方経験しました。フリーランスを始める前は、周りからはサラリーマンに比べると環境も意識もガラッと変わると言われていたのですが、実際になってみて感じたことは、

雇用形態は変われど、あまり大きな変化はなかった

というのが正直なところです。

私の経歴として、1社目の会社は就職活動はせずにアルバイトから入社、そこから数回の転職を経験しています。その過程でフリーランスを経験。そして現在はサラリーマンとして働いています。

フリーランス時代に書いていた記事は以下です。

sponsored link

なぜ大きな変化はなかったのか

サラリーマン時代もフリーランス時代もやることは一緒、ものづくり。

そして私の場合は、フリーランス時代の勤務形態は客先常駐型の案件がほとんどでした。

実はサラリーマン時代に、この客先常駐型の案件を2年ほど経験していました。いわゆるSESというもの。プロジェクト毎に会社を転々とする忙しない勤務形態です。

この経験があり、あまり変化を感じなかったのだと思います。

環境が変わることで意識の変化もあまり感じませんでした。

これにも理由があります。

サラリーマン時代にSESを経験していた時は、結果を出せなければ直ぐに契約が切られる、それが当然だと思って取り組んでいました。

フリーランス時代もそうでした。フリーランスはスキルファーストの世界、結果が出なければそこで終わり。

これが上手い具合に影響して、サラリーマンもフリーランスもあまり変化を感じなかったのかなと考えています。

おわり

私が個人的に思っているのは、サラリーマンでSESをやっている人はフリーランスで客先常駐をやった方が良い。貰える給与以外あまり差がない気するので。

サラリーマンとフリーランス、人によって合う合わないはあります。性格的な部分や実生活でどこにプライオリティを置くかなど。

サラリーマンとフリーランス両方経験してきた側から見ると、ずっとフリーランスで活動している人は本当に本当に尊敬します。そういう人たちを応援したいな。

こちらからは以上です。

記事内画像

rawpixel.com – Unsplash

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます

自分のスキルを販売しております。お困りの方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

down

コメントする




スポンサードリンク

書いてる人

maechan

maechan

ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。開発業務、人事業務に従事していました。現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。リモートワークをしているノマドサラリーマンです。詳しいプロフィールはこちら。 [詳細]

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

その他のチケットはこちら

Instagram