仕事

個人事業主(フリーランス)になりました&スタートアップ企業で働いている人は「これだけはやっておくと、いざという時に幸せになれること」

以前、会社都合退職をしたことはブログに書きました。

次の仕事はいろいろな方面からお声を掛けていただいており、大変嬉しい限りです。とりあえずはなんとかなりそうな感じです。

いろいろありましたが当面は「個人事業主(フリーランス)」で活動していこうと決めました。今回はそのあたりを書いていきます。

なぜ個人事業主(フリーランス)になったのか

会社都合退職のことを会社から言われたのが退職日の1週間前で、転職活動をしようにも時間がない状況でした。けっこうテンパってました笑

さあ、次の仕事をどうするかと、悩みに悩んで出した結論が「個人事業主(フリーランス)」になることでした。

その理由は、時間も気持ち的にも余裕がない中で、急いで次の会社を決めるのは何か居心地が悪いと思ったから。またこういうことがないようにシッカリと会社を選びたいという考えからです。

特に気持ちの問題は大きいかもしれません。ただ、いろいろな理由が自分の中にあるのは分かっているのですが、うまく言語化できていないです。

気持ちの整理や身の回りのゴタゴタが落ち着くまでは個人事業主(フリーランス)で活動しようと決めました。

スタートアップ企業で働いている人に言いたい「これはやっておいて」

今回の件を踏まえて「個人的にやっておけばよかった」「スタートアップ企業で働いている人はこれだけはやっておくと、いざという時に幸せになれるかも」ってやつを挙げてみます。皆さんも参考にしてみてください。

他の企業や人との繋がりを持っておく

これが一番大事だと感じました。いつでも「他の会社の状況や案件の話を聞ける環境」が有る無いとでは全然違います。他の企業や人との繋がりを持っておくことは非常に重要です。

だから、たまに気になる会社の採用状況を確認したり、メンバーに会いに行くとかはやっておくといいと思います。特に人として魅力的な人とは常に繋がっておくことは大事です。すごい大事っす、やっぱ「人」です。

市場価値の高いスキルを身につけておく、キャッチアップをしておく

これは選択できる案件を増やすためのもの。

言うまでもないですが、市場で需要のあるものは、常に企業が募集をかけていることが多いです。それだけ案件数も多いですし。市場価値の高いスキルを持っていると、企業が自分のスキルに興味を持ってくれる機会が増えて、いろいろな企業と出会うチャンスに巡り合えます。

よく採用の世界で言われている「キャリアを考える上での3つの要素」というやつがあるじゃないですか(前の会社の人に教えてもらった)。

画像提供:https://shukatsusoken.com/self-analysis/career_3steps/

採用活動はこのピンクの部分にマッチする仕事・案件を探していく作業だと思っています。企業に出会えるチャンスを増やせば、ピンクの部分にマッチする仕事に出会えるチャンスが増える。

そのチャンスを増やすために、市場価値の高いスキルを身につけておくのはとても大事なことです。

個人的には、この辺りはもっと意識しておけば良かったなと感じています。足りてなかったですね、はい・・・。

あとは少しでもいいから市場価値の高い技術を「経験しておくこと」。「知っている」と「知らない」は雲泥の差です。「経験していること」はとても大事なのだと感じました。

採用サイトに登録しておく

採用サイトに登録しておいて「職務経歴書」的なものは更新しておく。こういう作業は正直言うと面倒だし時間がかかるじゃないですか。

今回のような緊急を要する時は、すぐに動けた方がいいので面倒事は早めにやっておくことをオススメします。

おわり

いろいろありましたが、とりあえずは死ななくて済みそうです。

命あってのランチタイム by ずん 飯尾和樹

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です