プログラミング

プログラミングにおける7つの大罪はなんですか?

この記事は https://www.quora.com/What-are-the-7-deadly-sins-of-programming/answer/John-Purcell-4 より転載、翻訳をしています。素人による言語翻訳のため、翻訳された文章に誤りがある場合があります。あらかじめご了承ください。

  1. タブではなくスペースを使用すること。
    必ずタブを使うようにする。スペースはダメ。
  2. スペースではなくタブを使用すること。
    必ずスペースを使うようにする。タブはダメ。
  3. 自動補完機能を使わないこと。
    タブやスペースのことは忘れろ。お前はどうかしてるよ。コードは自動補完しろ。そうすれば、お前のタブやスペースへのこだわりを見なくて済むから。
  4. イカした色をしたボタンや自動補完を持った IDE を使用すること。
    すべてのコードは vi か Emacs で書かれるべきだ。そうすれば、純粋なプログラミング体験が保証される。
  5. IDE を使用しないこと。
    LISP を使ってスクロールのアップ・ダウンをしなかったり、ボタン一つでできることをタイピングしてしまった時間。そんなものには誰も給料なんて払いたくはないよ。
  6. C, C++ を学習しないこと。
    この2つの本質的な言語を学ぶことはとても大事。Java でもいいと思ってるの?いいよ、じゃあ Java を使ってリアルタイムコントロールシステムを作ってみてよ。そうしたら信じるよ。
  7. Java のようなモダンな言語を使えるのに C, C++ を学習すること。
    認めろ。C, C++ を使うなら5年の時間を無駄にするよ。しかも、Java ではありえない致命的なバグを招くことになる。
  8. 配列のオーバーランニング(配列が持つインデックスの上限を超えること)をすること。
ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です