仕事

転職せずに一つの会社に長く居ると価値観が偏るという話

世間一般的に「転職」というものはネガティブなものという認識が強いようです。

転職を4回くらいしている私にとってはとても信じられないことなのですが。

転職をして良いことの一つに「価値観の違うコミュニティに属すことができる」ということがあります。

会社の数だけ文化や風土があり、そこでの環境も全く違います。会社が違えば、そこで働く人たちの特徴も全く違います。

いろいろな価値観に触れることは自分自身の視野を広げる良い手助けをしてくれます。

普段見ない角度から物事を見るのはすごい楽しいですよ。

その逆で、入社してからずっと一つの会社しか知らない場合。こういう場合は、今属している会社の文化や風土、仕事方法などが「正解」になってしまいます。

さらに、その会社でしか使えないスキルだけが身に付き、その会社が持つ風土や文化に馴染みすぎて逃げられなくなる。

会社としては都合が良いですよね。

だって従順な兵隊を作るためには必要なことなのですから。

一つの会社に染まってしまうことは、とても恐ろしいことだと感じています。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です