英語・語学

英会話の上達には「ストレスコントロール」も必要だと感じる

カリフォルニア旅行中での出来事です。

約10日間の長いようで短かった初のアメリカ旅行。

私はカリフォルニア滞在中は彼女の実家に泊まっていました。

彼女のご両親と会話をするときはもちろん英語を使います。日本語は話せませんから。

家族の団欒の時間や、ご両親や彼女の知り合い・友達に会うときは、言うまでもなく英語のみのコミュニケーションです。

朝起きてから夜眠るまで、自分のまわりに常に英語がある状況でした。

そういう状況でふと、英会話の上達ってこういうスキルも必要なんじゃないかと思いました。

それが「自分が理解できない場にいることへのストレス」を上手くコントロールするスキルです。

理解できないものがあるときってストレスを感じますよね。これは好奇心と似た感情だと思うのですが、分からないことがあると気になって仕様がない。でも分からないまま会話は進む。

少し言い方を変えれば「疎外感」というんでしょうか。英会話上達にはこういうことにも上手く対処できるようにならなければならないと感じます。

英会話を上達するうえで必要なことは、耳を英語に慣らし、海外の人たちの会話のリズムにも慣れる必要があります。

話が全く分からない状況でもそこに居て、生きた英語に触れる機会を作る。理解できないことからくるストレスに耐える。

英会話の上達にはこういうスキルも必要なのかもしれません。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です