ブログ

WordPress 5.0 から標準エディターになった「Gutenberg」から旧エディターに戻す方法

WordPress の久々の大型アップデート。

バージョンも「5」になり縁起の良い数字です。

そんな WordPress 5.0 の注目すべき点が、新エディターの「Gutenberg」の存在です。

画像出典元:https://codex.wordpress.org/Gutenberg

リッチですねえ。

UIが大きく変更され、より洗練されたスッキリとしたデザインになりました。

ただこのエディター、すごい使いづらい。

慣れていない部分が一番大きいと思うのですが、なかなか手に馴染まない。

従来のエディターに慣れ親しみ過ぎましたね・・・。

これでは作業効率が落ちてしまう。

そんな方のために公式は救いの手を差し伸べてくれています。

エディターを従来のものに戻す方法

こちらの記事で紹介されているプラグイン「Classic Editor」をインストールすれば簡単に従来のエディターに戻すことができるようです。

既存のサイトであらかじめ Classic Editor プラグインを有効化しておけば、 WordPress 5.0 に更新した時に従来のエディターがブロックエディターに置き換わる動作を回避することができますので、従来のエディターを継続利用すると決断された方は Classic Editor プラグインを事前に有効化することを忘れないようにしてください。

via: WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと

「Classic Editor」の設定は、ダッシュボードの「投稿設定」にあります。

おわり

新エディターには徐々に慣れていきます。それまでは旧エディターを使って記事を書いていきます。

記事内の写真出典元

WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です