日記・雑記

最近ハマったアニメ「夏目友人帳」の楽しみ方を考えてみた

最近は彼女に勧められたアニメにがっつりハマっていました。

それは「夏目友人帳」というアニメです。かなり有名ですよね。私は存在は知っていたのですが、食わず嫌いで今まで観ずにいました。

すっごい後悔してます。

こんな面白いアニメを今まで観ていなかったなんて。

このアニメの何が良いかって、作品が持つ独特の柔らかな雰囲気とほっこりとさせるストーリー、そしてニャンコ先生の可愛さと風格のある凛とした姿、そこから来るギャップ萌えに悶えてしまう

簡単に説明するならこんな感じ。

ストーリーは基本的に一話完結で観やすく、アニメなどによくいる「ボス」みたいなものもいません。日常系アニメってやつですね。

良いアニメですよ。

そしてこの「夏目友人帳」は、コミックスの第1巻が2005年にリリースされて以降、現在でも連載が進んでいる長編作品です。

10年以上続く作品はなかなかありませんよね。

そんな「夏目友人帳」の楽しみ方って何だろうって考えてみました。

マイナスをプラスに戻す

このアニメの主人公「夏目 貴志(なつめ たかし)」(以下、貴志)は、「妖怪」が見える特殊な体質で、そのせいでまわりからは気味悪がられ、忌み嫌われてきた過去があります。

貴志が幼い頃、不慮の事故で両親が亡くなり、それからは親戚中を転々としていたようですが、親戚の人たちとはうまくいかなかったようです。

貴志以外は妖怪が見えませんから、急に驚いたり、変なことを言う貴志を薄気味悪い子供だと思ったのでしょう。

貴志の幼少期の頃の良い思い出や記憶は数える程しかありません。そのあたりのことは劇中でも度々触れられています。

そしてある偶然が重なり、遠い親戚である「藤原夫妻」の元で暮らすことになります。

藤原夫妻はこれまでの親戚のように貴志を冷たく扱うのではなく、本当の息子のように貴志を愛してくれる素敵な人たちです。

ようやく手に入れた平穏な日々。

このアニメは「そんな何気ない幸せな日常を壊すものが現れ、それをなんとかして防いだり、取り戻したりしていくアニメ」と個人的に思っています。

その原因になるのは「妖怪」がらみがほとんどなんですが、貴志が「見えてしまう体質」故に様々な騒動に巻き込まれたり、アニメのタイトルにもなっている貴志の祖母が残した「夏目友人帳」が騒動の発端だったり。

マイナスだった人生をせっかくプラスにもっていったのに、またマイナスにされまいと踠く。

それぞれの登場人物の過去やストーリーはあってそれはそれで良いのだけど、このアニメの楽しみ方ってこういうところなのかも。

普通のことが幸せってこと

昨年に公開された茶道映画「日日是好日」の中で、茶道の先生役の「樹木希林」さんが言った言葉を思い出しました。

こんなふうに何でもないことを、来年もまた毎年同じことができるということが本当に幸せなんですね。

via: 映画「日日是好日」

この映画を観ると分かるのですが、この言葉の奥にはいろんな意味が込められています。

普通のことが幸せ、起伏しのない日常も大切にするべき。

今の時代は立ち止まることが許されづらい、昔のようにシンプルに生きることができづらい世の中です。

他人にはできないことを成し遂げるとか、すごい目標立てて進むとか、人生にそういうのはなくても別にいいんじゃないか(幸せの定義は人それぞれで違うと思いますが)。

私には将来やりたいことがありますが、やりたいことがない人は別にそのままでも良くて、無理に生きようとせず自然体で良いのではと。

「夏目友人帳」というアニメも「何気ない日常があることが幸せだよ」と、そういうメッセージ性のある描写がたくさんあります。

おわり

とりあえずニャンコ先生が可愛いです。先生を一日中モフモフしたい。

俺もモフモフしたいぞ〜って人はネットで手軽に観ることをオススメします。このアニメは現在シーズンが6まであって、レンタルショップを利用して観るのは大変ですから。

ちなみに「U-NEXT」がおすすめ。12万本以上動画が観られるし、「夏目友人帳」もリストに入っていますので安心(作品は予告なく配信停止になる可能性もあります)。

maechan
maechan
私は無料トライアル中に観終わって退会しちゃうって裏ワザ使いました。他に観たいものがなかったので。良い子は真似しないように

それでは良いアニメライフを。

記事内の写真出典元

アニメ 夏目友人帳 公式サイト

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です