ライフ

自分の家に作った作業部屋が落ち着かなかった原因が分かった

昨年に2LDKの物件に引っ越して念願の「作業部屋」を手に入れました。

はじめての自分だけの作業部屋。

心踊りながらデスクに向かい作業していました。

が、何か落ち着かない。

作業をしていても全然落ち着かない。集中できない。

なぜだと思ってネットで調べたり、自分の体に問いかけてみたりしました(リビングでは作業が捗るので、それを考えてみたり)。

原因は殺風景で生活感がなかったことでした。

ある程度の「生活感」、人(生き物)がそこに居る感覚というものは必要でした。

こんな感じでしたからね。

何にも無いな・・・

はじめは部屋に余計なものがない方が作業も捗ると思っていたのですが、どうやらそれは謝りでした。

落ち着かなかった理由には、おそらく孤独感を感じていたことも原因かもしれません。

移動してきたばかりのような殺風景な空間は、かえって集中力を削ぎます。

人間皆、誰かと繋がっていたい生き物のようですね。

今はとりあえずリビングにあったテーブルとラグを置いています。カーテンも買わないとね。

記事内の写真出典元

Photo by Thought Catalog on Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です