プログラミング

プログラミング学習で迷っている人のために書きました!プログラミング学習サイトを終えたら次にやるべきこと【ステップアップやサービス開発のコツなど】

学生の時に就活せずに勢いでエンジニアになったmaechan(@maechan0410)です。

プログラミング学習サイトは便利ですよね、基礎的なこと学べるし、開発に必要な情報もまとまってるし。

私も時間がある時はオンライン学習サービス「PyQ™(パイキュー)」でPythonの勉強をしています。

ただ、プログラミング学習サイトは基礎的なことを学べますが、学習し終わったら、そこで学んだことをどう応用すればいいか迷うことと思います。

学習者の中で、次のステップアップに苦労している人は少なくないと思います。

今回の記事は、プログラミング学習サイトを終えたら、次に何をしたらいいか分からない人のための記事です。

私は勢いでエンジニアになったので、自分で勉強する力は持っていました(自分で言うのも恐縮ですが)。

その知見を生かしてアドバイスできればと思います。

仕事でエンジニアを目指している人に向けた内容になっています。

プログラミング学習サイト後の勉強方法

プログラミング学習サイトで基礎を固めたら、次はサービス開発の「雰囲気」を掴むことが大事です。

サービス開発がどう進むのか、これを理解する必要があります。

サービス開発の雰囲気を掴む手っ取り早い方法が、プログラミング学習サイトを元に、自分が作れそうなサービスを考えて実際に手を動かして作ってみることです。

作るサービスの土台をプログラミング学習サイトを元に作成し、それ以外で必要なことはネットや本を調べて作る。

断片的な情報を拾ってきて利用することは、仕事でよく使うので慣れておくことをオススメします。

maechan
maechan
サービス開発の始まりから終わりを理解するって感じかなあ

さらに、サービスの開発はコードを書くこと以外にもやらなければいけないことがたくさんあります。

開発環境を構築したり、サーバーを立てたり、サービスのデプロイ環境を作ったり。

maechan
maechan
やることはたくさんあるぜい

これらはサービス開発にはすべて必要なことで、それを通してプログラミング能力の向上やツールの使い方、コマンドラインの練習などに繋がります。

サービスを一から作ると、その辺りの基本的なところを網羅できるのでオススメです。

ただ作るでけではなく、作ったものは外部に公開することをオススメします。

サービスですので、

  • 実際に使ってもらわうとモチベーションが上がる
  • ユーザーからもらったフィードバックを元にさらに良いサービスを作れる
  • 作ったサービスがポートフォリオになる
  • 機能の改善作業を経験することもできる(C向けのサービスではそういうの頻繁にあります)

メリットはたくさんあるので是非やっていただきたいことです。

maechan
maechan
前に自分で作ったiPhoneアプリのレビューに「このアプリのお陰で彼女ができました」って書かれたのには吹いたけど笑

そうそう、一人で「開発環境作って、コード書いて、レビューして、デプロイして」。

ここまでくれば、サービス開発の雰囲気を掴めていますし、プログラミングなどのスキルも向上しているはずです。

その後のレベルアップも早いと感じています。

まとめ

今回は、私の経験を元に、基礎学習後のプログラミングの勉強方法について書きました。

みなさんの参考になれば幸いです。

ちなみに、私はココナラでプログラミングで困っている人に向けてアドバイスをしています。

何か分からないことがあればお気軽にご相談ください。

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

Photo by Kobu Agency on Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。