リモートワーク

私がリモートワークをする上で意識していること4つ【リモート勤務】【自己管理】

早いものでリモートワークを始めてそろそろ一年が経ちます。

慣れない勤務形態に始めは四苦八苦でしたが今は大分慣れてきました。

人生で始めてのリモートワーク勤務、そこから得た教訓や気づきも沢山あります。

最近の働き方関連のニュースを拝見していると、リモートワークという勤務形態が徐々に世間に浸透してきているのかなと実感しています。

ただ、一般の企業でリモートワークを取り入れているところはまだ少ないのが現状です。

このブログを通してリモートワーカーやそれを目指す方の参考に少しでもなれば幸いです。

ということで今回は、リモートワークをする上で自分が意識していることを書いていきます。

通勤がなくても身支度する

リモートワークなので通勤という概念がないのですが、私の場合は起きてそのままの状態では作業に集中できません

服を着替えて顔を洗い、髪を整え、朝ごはんを食べる。

外に出る必要性はないが、いつでも出かけられる状態にしておきます。これで気持ち的にも余裕ができて、体を仕事へ持っていきやすくなります。

気持ちを切り替える、テンションを仕事に持っていく上でも毎日の身支度は必要です。

仕事から距離を置く時間を作る

リモートワークにとって集中力の欠如は天敵です。

一度集中力が切れると再び集中力を戻すことに苦労します。

オフィス勤務と比較すると仕事に対する強制力は弱いですから尚の事です。

そういうときはジョギング、散歩、昼や夜の買い物など、思い切って仕事から距離を置き、リラックスする時間を作ります。

PCから体を離すだけでも良いです。

特に買い物は献立を考える作業は、仕事とは全く違う頭の使い方をするのでとてもリフレッシュできます。

スーパーなどに行って食材を眺めながら作る料理を妄想するのは楽しいです笑

これはよく実践していて、個人的にかなり効果があります。

気分に応じて働く環境を変える

私は普段は自宅で作業をしています。

毎日同じ場所にいると雰囲気に慣れて集中力が切れることがあります。

長時間同じ環境に身を置くと、その環境に飽きます(仕事終わりも同じ場所にいますから)。

自分がいる環境にオンとオフがなく変化のない生活が続きます。

人間、気分は変わるもの。そのため意識的に場所を変えるようにしています。

自宅からの移動先はカフェや喫茶店、コワーキングスペースなどが多いです。カフェや喫茶店を利用する場合は他の利用者さんの邪魔にならないように、あまり長居しないように心掛けています。

働く場所を問わないメリットを生かした方法です。

集中力がなくなり、そこからなかなか戻らない場合はこの方法を試しています。

テキストを使ったやり取りは簡潔に読みやすい文章で

作業中はこれをかなり意識しています。

私の勤務先では他のメンバーもリモートワークで作業をしており、仕事のやり取りも基本はチャット上で行います。

そのため相手が理解しやすいようにやり取りすることを心掛けています。

作業の経過や結果をまとめるドキュメントなどでもこの辺りを意識して作成しています。

おわり

リモートワークは「自己管理」が非常に大事です。その管理が行き届かないと途端に作業の進捗に影響します。そしてリモートワークは如何にサボる心を無くすかということに尽きます。

一年もリモートワークをやっていると、こういった勤務形態にも免疫というか耐性ができてきました。

今後も色々と模索していきたいです。

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

chuttersnap – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。