まえちゃんろぐ

日々の生活の中での気付き、学んだこと、体験したことをアウトプットするブログ(雑記多めです)| プログラミング 本 ワークアウト 茶道

一眼レフカメラ「Nikon D5300」を購入

time 2018/03/30

一眼レフカメラ「Nikon D5300」を購入

一眼レフカメラマンへの第一歩。

sponsored link

購入経緯

以前から一眼レフカメラに非常に関心があり、外出中に「こんな時にカメラがあれば」と思うことがよくありました。

また、嬉しいことに4月、5月は旅行が立て続けに予定されています。

折角の旅先。素敵な思い出を写真に残すなら、スマートフォンの写真では少々味気ない。

これは良い機会だと感じ一眼レフカメラを購入するに至りました。

選んだのは「Nikon D5300」

  • 有効画素数 2416万画素
  • 撮像素子 23.5×15.6mmサイズ CMOSセンサー
  • 画像処理エンジン EXPEED 4
  • ISO感度 100~12800
  • 重量 約480g
  • バリアングル液晶対応
  • Wi-Fi、GPSあり

購入理由

こちらの「D5300」は一眼レフカメラの中ではエントリー向けのカメラで、ネットのレビューでは「全ての機能が一通り揃ったスタンダードなカメラ」と評価されています。

この「D5300」を購入したのもこれが大きな理由です。

今後カメラに何を求めるようになるのか。取り敢えず全ての機能が揃っているなら、これを使いながら探していけば良いと思った次第です。

全てが揃っているなら入門機として選びやすいです。

あとはボディ(中古)とレンズを合わせて5万円ほどで購入できる。

中古カメラには少々不安がありましたが以下の記事が参考になりました。

また、サイズ感も良い感じ。カメラ撮影の練習は街などを歩きながらと考えているので小回りの効くコンパクトボディは重宝です。

そして最後に「音」です。シャッター音が自分好みでした。

カメラを使っている時に頻繁に耳にする音に拘るのも良いかなあと、ビギナーながら感じました。

カメラのご尊顔

レンズは単焦点レンズ

選んだレンズは「単焦点レンズ」というもので、ざっくり言えば「ズームができないレンズ」です。

ズームができないので構図やアングルを意識しながら撮影する必要がありますが、この作業が発生することで「写真撮影」の理解が深まっていくそうです。

私はここにグッときて今回単焦点レンズを購入するに至りました。動きながら試行錯誤しながらコツを掴んでいく世界観は非常に興味深いです。

単焦点レンズは初心者へお勧めしているカメラユーザーさんが多い印象です。

おわり

まずは練習だ。

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます

自分のスキルを販売しております。お困りの方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

down

コメントする




お知らせ

スポンサードリンク

書いてる人

maechan

maechan

ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。開発業務、人事業務に従事していました。現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。リモートワークをしているノマドサラリーマンです。詳しいプロフィールはこちら。 [詳細]

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

その他のチケットはこちら

Instagram