まえちゃんろぐ

日々の生活の中での気付き、学んだこと、体験したことをアウトプットするブログ(雑記多めです)| プログラミング 本 ワークアウト 茶道

PythonでTwitterのツイートを取得してみる【Anaconda】

time 2018/03/15

PythonでTwitterのツイートを取得してみる【Anaconda】

TwitterのツイートをPythonを使ってOAuth認証を通して取得してみる。

sponsored link

実行環境

Pythonの実行環境は、Pythonユーザーやデータ解析ユーザーの間ではメジャーなディストリビューション「Anaconda」を使用します。

ツイートを取得するまでの大まかな流れ

「Twitter API Key」を取得し、Anaconda に必要なパッケージをインストール、後は「Jupyter notebook」で実際にコードを書いていく、という流れ。

Twitter API Key の取得

Twitterが提供している開発者向けのサービス「Twitter Developer」から「API Key」を取得します。

ログイン後に画面右上にある「Create New App」を押下。

作成するアプリケーションの詳細を入力します。

Name」「Description」「Website」は必須入力項目です。

「Callback URL」はユーザー認証(SNSログインとか)後の戻り先となるURLアドレス。今回は使用しません。

作成したアプリケーションの詳細ページの「Keys and Access Token」タブ内に、新しいアクセストークンが表示されます。(1)

ページ下部に「アクセストークン」を作成するボタンがあるので、それを押下。(2)

(1) (2)は次項の「Anaconda でツイートを取得」で使用します。

Anaconda でツイートを取得

Pythonのバージョン

AnacondaにパッケージされているPythonのバージョンの確認。

この記事を読み進める場合は、Pythonは3.x系での実行をお願いします。

requests-oauthlib のインストール

TwitterとのOAuth連携を良しなにやってくれるライブラリ「requests-oauthlib」をAnacondaへインポートします。

これで「Jupyter notebook」で「requests-oauthlib」を使用出来るようになります。

ツイートを取得するコード

Twitterからツイートを取得するコードは以下。

少しゴニョゴニョしてコピペしたら動くように書きました。

定数KEYSに「Twitter API Key の取得」で取得した各認証キーを入力。

上記のコードの場合、結果は変数tw_dataにごそっと入っているので、後はデータをお好きなように煮るなり焼くなりしてください。

実行結果はこんな感じ。

“id” とか “display_name” とか色々入っているのでモザイク処理しています。

APIからの返却値を詳しく知りたい方は公式リファレンスを参照することをお勧めします。

おわり

ツッコミどころ満載コードなのはご了承ください。まずはツイートを取得することにフォーカスしました。徐々に改善していければと思います。

こちらからは以上です。

参考記事

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます

自分のスキルを販売しております。お困りの方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

down

コメントする




お知らせ

スポンサードリンク

書いてる人

maechan

maechan

ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。開発業務、人事業務に従事していました。現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。リモートワークをしているノマドサラリーマンです。詳しいプロフィールはこちら。 [詳細]

販売中チケット

プログラミング、Webサービスの作り方教えます 一人で悩まず!お気軽にご相談ください!

その他のチケットはこちら

Instagram