日記・雑記

macOSアプリ「JustFocus」でポモドーロ・テクニックしてみる

作業効率を高めるために実践しています。

ポモドーロ・テクニックとは?

ポモドーロテクニックは1980年代のイタリアで発案された時間管理メソッドのことで、大きなタスクを25分の時間単位で分割して作業を行い、5分くらいの休憩を挟むというもの。つまり「作業25分→休憩5分」を1セットにして、短時間で集中して作業をこなし効率性を高めるということです。

via: 長時間作業を短時間で済ませるために有効的な「ポモドーロ・テクニック」- Gigazine

JustFocus でポモドーロ・テクニック

手軽に「ポモドーロ・テクニック」を導入できるアプリを探したところ「JustFocus」というアプリを見つけました。

「ポモドーロ・テクニック」を導入できるアプリはいくつかありますが、こちらはmacOSアプリで且つ「無料」ということで選びました。

メイン画面は作業時間や休憩時間を設定することができる。

休憩中の画像を設定する画面。選択できる画像は現在使用中の壁紙を選べるほか、「Unsplash.com」からランダムで取得してくる選択もできる。

詳細設定画面。ショートカットの設定や「Alfred」との連携の設定ができる。

休憩中はこんな感じで画面いっぱいに壁紙が表示される。

作業時間中はステータスバーに時間の経過が表示される。

おわり

時間に制限ができることで集中力が増すと実感しています。時間を細かく区切ることは集中力を維持するのに有効です。

ただ、「ポモドーロ・テクニック」中は、それを遮るもの(質問投げられたり、家で作業しているときは誰かの急な訪問など)はどうしても存在することは肝に命じておく必要もあり、これは致し方ないことなのかなあと。

この辺りは上手な使い方を模索中であります。

今回紹介した「JustFocus」の他に、有料になりますが「Take A Break, Please」や、手軽に始めたい場合にお勧めな「Marinara Timer」というものがあります(こちらはWebアプリです)。

みなさんもお試しあれ。

こちらからは以上です。

記事内の写真出典元

Matthew Henry – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。