日記・雑記

コーヒー豆の保存方法を変えてみた

コーヒーが好きで毎日ドリップで淹れています。

ドリップコーヒーユーザーの方が気を使うのが「コーヒー豆の保存方法」ですよね。これすごい気を使う。最近そのコーヒー豆の保存方法を変えました。

今までの保存方法は「ジップロック フリーザーバッグ」に入れて冷凍庫で保存していました。

ネットでも「冷凍庫 + ジップロック フリーザーバッグ」は鉄板の組み合わせ。

多くの方が購入した豆を飲み切るかどうかの期間である2週間後。おそらく、コーヒー好きのみなさんが最も知りたい保存期間でしょう。2週間程度の少し時間をかけて飲み切るという方の場合には、完全密閉できる容器でできるだけ空気を抜き、冷蔵庫での保存が最適です!

via: 保存期間別!最も風味を損なわないコーヒー豆の保存方法 – THE COFFEESHOP

さて、1ヶ月保存した場合、どの保存方法が最適だったのでしょうか。

それは、「冷凍庫に保存したジップロック」でした。

(中略)

保存場所別に比較すると、冷凍庫、冷蔵庫、常温暗所の順番で美味しさが保たれていました。つまり、長期保存の場合はできるだけ低音で湿度の低い場所においておくと良いようです。ということで、消費に1ヶ月かかるようであれば、冷凍庫に入れて保存することをおすすめします。

via: コーヒー豆の長期保存には、ジップロックで冷凍庫がオススメ!! – THE COFFEESHOP

が、出し入れが面倒。

ということで、密閉容器を買って常温で保存することに変更。

いつもコーヒー豆を買っているお店のマスターに相談したら、2週間~1ヶ月くらいで使い切るなら常温保存でOK。

冷凍冷蔵庫での保存は、豆を倉庫内から出した時に豆に湿気を帯びてしまうからあまりよくはないとのこと。

毎日のことだし効率化は重視したい。

記事内の写真出典元

IRENE COCO – Unsplash

ABOUT ME
maechan
ベンチャー、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。