買い物

フィリップスの液晶ディスプレイ「E-Line 246E7QDSB/11」を購入

部屋の景観が崩れるからという理由で、今までMacBook一台で作業をしていました。ですがそろそろ辛くなってきたために急遽液晶ディスプレイを購入。

デュアルディスプレイ生活が始まりました。

購入したのはフィリップスの液晶ディスプレイ「E-Line 246E7QDSB/11」。

フィリップスといえば電気シェーバーや電動歯ブラシなどのヘルスケアプロダクトで有名ですが、液晶ディスプレイも質の高い製品が多くあるんですよ。

製品スペック

  • モニタサイズ:23.6インチ
  • モニタタイプ:ワイド
  • 解像度(規格):フルHD(1920×1080)
  • 入力端子:DVI x1/D-Sub x1/HDMI x1
  • 表面処理:ノングレア(非光沢)
  • パネル種類:PLS

via: E-Line 246E7QDSB/11 [23.6インチ ブラック] – 価格.com

購入のポイント

購入のポイントは「画面サイズ」「値段」「ディスプレイ表面加工」、そして「パネル方式」の4つ。

  • 画面のサイズは大きいものは求めてはいなかったので、23インチほどの小ぶりのもの
  • 値段は15,000円以下
  • ディスプレイ表面の加工が「ノングレア」
  • パネル方式はIPS以上のもの

ちなみにゲームなどの動きの激しい動画は見ないので反応速度には拘りませんでした。

パネルのPLS方式

パネル種類の「PLS」は、現状のパネル方式のスタンダードになっている「IPS」方式の改良版。開発元は韓国の大手総合電子メーカーのサムスン電子。

PLSはIPSと同様に視野角が広く、見る角度による色調変化や色飛びが起きにくいといった特性を持ちながら、省電力性を高めたという方式。同社によれば、PLSはIPSよりも透過率が高く、低い電力でIPSと同等の輝度を再現できるため、消費電力を大幅に削減できるという。

via: IPSの改良版?「PLSパネル」採用の液晶が発売 USB 3.0ハブ内蔵 – AKIBA PC Hotline!

E-Line 246E7QDSB/11の外観など

色々付いてますね。

5年間のフル保証は有難い。

ご尊顔。

電源スイッチは液晶ディスプレイ向かって右側の裏にあります。

各端子口も裏側にズラリと。DVI、D-Sub、HDMIがそれぞれ一つずつ。

画面の薄さ。

ディスプレイへの出力はこちらの変換ケーブルで。

おわり

液晶ディスプレイを導入して作業効率が飛躍的に上がりました。やはり複数ディスプレイは使い勝手が良い。

購入した液晶ディスプレイも値段以上の機能性と手厚い保証が付いており非常に満足。もっと早くに買えばよかった笑

それにしても昨今の液晶ディスプレイのクオリティには驚かされます。

こちらからは以上です。

ABOUT ME
maechan
ベンチャー企業、フリーランス、スタートアップを経験。 開発業務、人事業務に従事していました。 現在は農業系スタートアップ企業でエンジニアとして働いています。 リモートワークをしているノマドサラリーマンです。茶道とワークアウトが趣味です。