営業時間固定の会員制、区営、24時間営業の3種類のジムに通ってみて分かったこと

Gross Gym Habits That Are Ruining Your Skin
photo by Gross Gym Habits That Are Ruining Your Skin – Carlos Newsome

都会にいると忘れてしまう行為、それは運動。その行為は通常の生活の何倍ものスピードでカロリーを燃焼する。その燃焼という身体的作用は体に蓄えた生きる糧を捨てる自傷行為。だが人はそれを無意識に欲する。

こんにちは、まえちゃんです。

私は運動が大好きでこれまでジムをいくつも通ってきました。最近は色々なジャンルのジムが増えてきましたね(暗闇で大音量の音楽を聞きながらボクシングする謎なジムまで登場)。

運動したくてジム始めたい未経験者の方は、まずどの種類のジムに行けばいいんだと思うことでしょう。

様々なジャンルのジムが増えてきていますが、大きく分けるとこの3種類です。

  • 営業時間が固定の一般的な会員制のジム
  • 区が管理しているジム
  • 24時間営業のジム

今回は実際に通ってみて感じたことを書いていこうと思います。

営業時間が固定の一般的なジム

私はボクシングジムに3ヶ月ほど通いました。

ミット打ちの爽快感

力一杯にミットを殴ったり蹴ったりするのはストレス解消になりますね。他のジムでは体験できないワークアウト。

最近血湧き肉躍ることしていない人は選択肢の一つに上がってきそう。

体の相談が気軽にできる

在籍しているトレーナーの方々は自分の体一つで戦ってきたその道のプロたち。これまでに培った技術やノウハウを持っています。

効率的に痩せる方法や筋肉を大きくする方法、体のケアや栄養管理などの仕方をレクチャーしてくれます。

混み具合はそれほどでもない

案外混まないものなんです。あまり生徒を入会させると大きく場所を使うボクシングだと運用していくのが難しいからかな。会員数をうまい具合に調整してるのかな。

区が管理しているジム

渋谷区と世田谷区が運営しているジムをそれぞれ3ヶ月ほど利用。

利用料の安さ、これに尽きる

1回の利用が400~500円と食事一食分で自分のボディを鍛えることができるのは魅力ですね。
ただ使用頻度が多くなると割高。

意外と混む

場所によりけりだと思うのですが思いの外混みます。安い分利用者の母数も増えるんでしょう。

営業時間、頑張ろう

9時オープンの21時くらいでクローズ。仕事の前後に行きたい人にとっては少し厳しい時間帯か。

一通りのマシーンは揃っている

全身を一通り鍛えるためのウェイトマシーンは完備されています。

24時間営業のジム

最近流行りの24時間制のジムで、現在進行形で利用中。

栄養管理やトレーニングメニューを指導してくれるトレーナーが不在のことが多い

経費削減なのでしょうが、器具の使い方は指導できるけどそれ以外は対応することができないトレーナーが多いです。

ただインターネットが発達した今だと検索すればすぐにそういう類の情報は出てくるのであまり心配いらないかも。ですが効率を求めるなら、他の選択肢もありかも。

意外と混む

仕事帰りに利用している社会人の割合が多い印象で、19時〜22時は比較的混むことが多いです。0時付近、または早朝に行くと空いています。

一通りのマシーンは揃っている

区営のジムと一緒です。全身を一通り鍛えるためのウェイトマシーンは完備されています。

おわり

私は朝には強く夜に弱い特徴があって、早朝から行けるジムの方が合っているということで24時間制のジムを続けています。

ジム選びは目的と日々のスケジュールから選ぶことが最も効果的だと私は思います。

どのジムも総じて夏の利用者が一番多いそうです。夏は肌の露出が増えますもんね。
これから夏本番、ジム始めたい未経験者の方は、まずはカジュアルに区営のジムに行ってみるのが良いかもしれません。

こちらからは以上です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*