エンジニアの成果って見えづらい部分が多い

と感じる。営業やマーケティングなら「この案件取ってきました」「今月の売り上げこれです。先月を大幅に上回ったぞお」なんてのが数字なんかですぐ分かるけど、エンジニアの成果は見えづらい。「この機能のこういうところを修正した」って言ってもその修正の難易度なんかは非エンジニアには分からない。見た目の修正なら分かるけど内部に関してはさっぱりだってのが普通。

非エンジニアもエンジニアが出した成果に対して評価とかしたいけど、それができないってこともある。人は褒められると嬉しいものですよね。それがモチベーションに繋がるし自分の成果がきちんとサービスのためになっていると実感できる。エンジニアもやってて楽しいしそれが自信にも繋がる。

エンジニアの成果を「見える化」できる仕組みづくりが必要だなあと思う今日この頃。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*